仕事について

熟女系の風俗では、具体的にどのような仕事をするのか気になる方も多いはずです。基本的に風俗求人であれば、熟女系風俗も人妻系風俗も素人系風俗も、サービスが大きく変わるということはありません。共通しているのは、男性を性的に癒すということです。もちろん、業界のルールや決まりがあるので、それは守っていくことが必要となるのですが、基本的には男性を癒して稼ぐというのが、これらの仕事の特徴です。

特に熟女系の風俗の場合は、女性の包容力を求めて利用する男性が多いので、包み込んであげるようなプレイが必要となるでしょう。単純に抱擁したりするのもありですし、優しく話を聞いてあげることも重要です。何が重要なのかという点は客によっても変わってくるため、求められる熟女像を自分で作っておき、その理想に近づけていくことが必要です。

客というのは、常に新しい刺激も求めているので、プレイ内容も色々と工夫していくことが必要となります。もちろん、未経験の方は研修もしっかりしてもらうことができるので、何も不安になる必要はありません。ただ、心構えとして男性を癒すということは、常に頭の隅に置いておくことが必要となるでしょう。

年齢について

風俗求人で働く場合、熟女系の店だけに絞っていくと採用確率が高い場合も多いです。特に年齢を重ねている女性であれば、熟女系風俗の方がチャンスも多いと言えるでしょう。しかし、熟女系の店とは言っても、「どれくらいの年齢から熟女で、どのくらいの年齢まで働けるのか」という点が気になる方もいます。基本的に年齢については、特に気にすることも無いのですが、熟女系の店の場合は意外と重要です。

基本的に厳密に年齢の制限があるということはないのですが、熟女系の店の場合は、30代後半から40代までというのが多いです。さすがに50代となると年齢的にも肉体的にも大変なことから、働く層としては40代が一番多いです。風俗全体を見ると、本来は20代の女性が一番多いのですが、熟女系の店では40代が主流だと思っておきましょう。

ただ、近年は熟女系の店で働く女性の低年齢化も進んでいて、30代後半で働くという方も多いです。風俗はどこから熟女と認定されるか具体的に決まっていないため、店によっては若熟女として30代後半で働けることもあります。まずは年齢を気にせず、気になった店に応募してみるというのが良いかもしれません。そうすれば、チャンスは必ず見つかるはずです。

求められる人物像

熟女系の風俗求人で求められる人物像について、知っておくと採用確率も高くなるかもしれません。基本的に熟女系風俗で求められる人物としては、男性を癒すことができて、年齢が40歳前後であることが必要となります。また、サービス精神旺盛で、どのような男性に対しても苦手意識を持たない女性の方が向いていると言えます。その点も含めて、色々と仕事にチャレンジしていくことが必要となるでしょう。

仕事上、男性の身体を癒すことがメインとなるので、テクニックなどがあることも必要です。もちろん、熟女系風俗はもともと若い時期にこの手の仕事をしていて、そのまま熟女風俗に移るという方もいるので、ライバルは多めです。初めてこの手の仕事をするという方は、その点も考えて応募することが必要となるでしょう。

ただ、その人の適正によっては、初めての方でも一気に人気嬢となることもできるので、チャンスだと思う場合は積極的に応募してみることをおすすめします。場合によっては一気に稼げるレベルまで上り詰めて、月100万円以上稼ぐことだって可能です。それぞれの努力次第で稼げる額は変わってくるものの、熟女系の風俗求人の場合は店が多い分、チャンスも多いです。